手相占い

  

手相占い

 

手相占いでわかることは?

手の形や表面に刻まれたシワ、ふくらみ等で、性格や過去、未来を様々な視点から見るものです。恋愛・結婚・健康状態・仕事の適性なども見ることが出来ます。

 

生命線

生命線(親指と人差し指の間から出発して、カーブを描きながら手首に向かう線)は、三大基本線(頭脳線・生命線・感情線)の中で特に重要な線です。形状、大きさ、濃淡により、その人の肉体的強さだけでなく、 困難に立ち向かって行けるかどうか等の精神的な強さや特徴も表しています。

 

運命線

中指の付け根に昇る運命線は、生命線にぎ人生のドラマを教えてくれます。手相鑑定において、その人の人生を見る場合、生命線と運命線を知っておけば8割ぐらい、わかるくらいです。運命線は太く強ければ良いとは断言できません。強く太い運命線は働かざるを得ない境遇に立たされる事を暗示させるからなのです。

 

知能線

知能線は、人差し指と親指の付け根の間から、手のひらの中央を横切って伸びる線のことを指します。性格と才能、行動傾向を表します。体で言うと頭部(目を含む)を表し、知能線上に現れた異常(ホクロ・切れ・島等)は頭部や目の怪我や病気を表すことがあるため、注意が必要になります。知能線は深く明確に刻まれているものを吉相とし、分岐線があればなお良しとされています。起点の位置や末端の方向によって、その人が持つ知能の傾向(理系・文系等)を推測することができます。

 

感情線

感情線は愛情や性格を表し、人間性を知るのに最も適した線です。感情線は小指の下から人差指方向に走る線です。この線が人差指の中心に入っている人は、かなり競争心が強い方です。異性や家族、他人へ向かう愛情のエネルギーの強さ(嫉妬心の強さ)や感受性の強さ、あらわし方をみることができます。どこへ向かっているか、長いか短いか、曲線か直線か、乱れはあるかどうか、などが鑑定のポイントになります。

 

結婚線

結婚線は、小指の付け根と感情線の間に表れる1〜5,6本の短い横線をいいます。人によってどちらで見るか異なります。何も考えずに手のひらを組み、親指が下にきている方の手で見てみましょう。よくいわれる積極的な手と呼ばれる方です。結婚線のみで、結婚の時期を正確に把握することは難しいですが、一般的に結婚線が感情線側にあれば、早い結婚、小指側にあれば遅い結婚といわれています。




ホーム タロット占い 姓名判断占い スピリチュアル占い 血液型占い 手相占い 風水占い